それは誰かの日常

誰かの日常。それはリアルタイムではありません。それは過去の出来事かもしれない。それは未来の出来事かもしれない。それは今日の出来事かもしれない。 それはフィクションかもしれない。

六十余年の時を超えて

最愛のあなたは

 

遥か昔に旅立ち

 

 

それは人々のため

 

それは家族のため

 

 

 

いつか帰ると約束したのに

 

その想い果たせぬまま

 

 

帰ることなく

 

時は過ぎていった

 

 

 

いつも想っていたよ

 

ずっと大好きだったよ

 

 

 

私はもう

 

こんなにも年老いてしまった

 

 

微笑むあなたの写真は

 

あの頃のまま

 

若かったあの頃のまま

 

 

 

もうそろそろ

 

あなたに会いに行く

 

私もだいぶん疲れてきたから

 

 

 

めそめそしないこと

 

頑張ること

 

強くあること

 

優しくあること

 

 

 

あなたがいなくなってから

 

頑張ってきたよ

 

 

みんなに支えられ

 

頑張ってきたよ

 

 

 

長く生きたから

 

たくさんの家族に

 

出会えた

 

あなたが見れなかった

 

子ども達にも

 

たくさん出会えた

 

 

あなたといた頃は

 

幸せだった

 

 

あなたがいなくなって

 

悲しかった

 

寂しかった

 

 

 

でもやっぱり

 

幸せだったよ

 

たくさんの家族に囲まれ

 

そして

 

心の中にはあなたが

 

いつも一緒だったから

 

 

だから

 

あの日届いた

 

あなたからの手紙を持って

 

あなたに会いに行きます

 

 

 

 

六十余年の時を超えて

 

やっと最愛のあなたに

 

再会できる

 

ありがとう

 

 

そして

 

私に出会ってくれた

 

たくさんの人々へ

 

 

ありがとう

 

さようなら

 

 

またいつか

 

きっと会えるよ

 

 

 

遠い遠い空の彼方で…

 

 

☆祐妙☆