それは誰かの日常

誰かの日常。それはリアルタイムではありません。それは過去の出来事かもしれない。それは未来の出来事かもしれない。それは今日の出来事かもしれない。 それはフィクションかもしれない。

憎しみの溶岩

憎しみの塊は

 

溶岩のように

 

沸々と

 

ボコボコと

 

静かな音を立て

 

 

急激に

 

温度を上げている

 

 

 

 

崩れ落ちる

 

小さなトゲトゲの破片を

 

一瞬にして溶かし

 

 

 

そのトゲトゲは

 

どんどん増え続けていく

 

 

 

時折遠くで聞こえる

 

煮えたぎったような破裂音が

 

心拍数を上げる

 

 

 

 

いっそ全て

 

一気に吐き出してやろうか

 

 

 

そんな思いが

 

頭の隅をかすめた

 

 

 

 

 

風が吹き

 

枯葉がザザザ…と

 

目の前を通っていった

 

 

 

 

目を閉じて

 

大きく深呼吸した

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ…

 

溶けた溶岩が

 

また少しづつ

 

冷え固まってきたようだ